それぞれの100%

骨を折ってしまう。
血管が詰まってしまう。
細胞分裂のサイクルが狂ってしまう。
臓器が脆弱になってしまう。


人間


機械的な

なんというか

うまくいえないが、5年ぐらい、たったそれだけだが
そういった現場で労働していると
不思議なもんである。

極端に言うと
自分の車のメンテナンスの様子を見ているぐらいな
そんな感じ。

就職したての頃、よく言われた

「患者を自分の親だと思って医療行為をしろ」

若かった俺は、なるほどと関心したものである。
自分の親だったら、こんな雑な仕事はできないな。そう思った。
上司からの雑な仕事をしている俺へのアンチテーゼ。

そう簡単に他人を親だと思えるほど、俺はシンプルじゃないんだけど。
言いたいことはよく伝わったと思う。

だけどやっぱり、それでも俺はいつも100%では臨めない。
いつも100%って事は、なかなか難しい。

いつも100%を求めてくる上司に疲れてしまった友人がいた。
こういう奴を真面目と呼ぶんだと思う。

自分を棚に上げ、100%をひたすら求めてくるような、歯並びが尋常じゃなく悪いクソ上司
そんな上司の言う事を真摯に受け、そして疲れてしまった。
そいつはその晩、泣きそうな顔で「いつも100%なんて無理なんだよ」と。

俺はそうやって悩み苦しんでいる時点で、そいつなりの100%をすでに出し切っているのだろうと思った。
出し切って、もうスッカラカン。だから苦しかったのだろう。
「100%出せ」と偉そうに求めるのであれば、
そいつの100%を理解してから、それから言うべきであろう。

「よし、そんじゃ明日からしばらくは60%でいいべ。オッケー。ザッツオール!!」

そいつは60%なんて出せる奴じゃないだろうと思い、俺はそう言った。


60%でいいと思うと気持ちは楽になったようだったが、
そいつの働き方は決して60%にはならなかったようだ。

e0206057_053465.jpg


精神論は大嫌いだ。
だが、いつも全力でいようとする姿勢は何をやるんでも重要だろうと、
そう思ったそんな一日。
[PR]
by michi2tu | 2010-11-22 00:55

道が2つまで絞れてきた日々の記憶


by michi2tu

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 04月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のトラックバック

最新の記事

泣いたよ
at 2018-04-22 22:54
そっと触れてみる
at 2015-07-19 01:17
雨の夜
at 2015-04-20 22:29
進まないでくれよ
at 2015-04-05 23:15
今日を愛することの難しさ
at 2015-02-18 22:58

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
アート・デザイン

画像一覧